花粉症対策注射の種類まとめ

 

花粉症対策注射の種類について

花粉症対策というと、マスクや花粉用メガネが有名ですね。しかし、これらのアイテムは、花粉症の症状を防いだり、軽減したりすることはできても、花粉症を根源から予防することはできません。花粉症から本当の意味で大事な体を守るには、花粉症注射を毎年行い、免疫を作ることが必要になります。
花粉症対策注射は、実は様々な病院で既に導入されています。そして、一言で花粉症対策と言われる割には、様々な種類のものが存在しています。それでは、花粉症対策注射の中でも有名なものを、リストアップしてみましょう。

 

ノイロトロピン注射

主にアレルギー性鼻炎対策に用いられる種類の注射ですが、花粉症対策に使うこともできます。鼻づまりや鼻水、目のかゆみなど、あらゆる症状を抑えることが可能です。
また、健康保険が適用されるので、比較的安価に施術を受けることができます。

 

ステロイド注射

アトピー性皮膚炎など、肌トラブルを治療するための軟膏として有名ですが、注射薬として用いることもできるステロイドです。花粉に対するアレルギーを鎮静する作用もあり、また効き目も比較的良いため、花粉症対策にステロイド注射を導入している病院は少なくありません。
ただ、「ステロイド忌避」という言葉があるくらい、ステロイド剤の副作用は恐ろしいものとされています。そのため、ステロイド注射による副作用や体調の変化を心配する方には、あまりおすすめができません。

 

プラゼンタ注射

美肌・美白効果、そしてアンチエイジング効果が有名なプラゼンタですが、意外なことに、花粉症対策の注射としても活用されています。プラゼンタは抗炎症作用が高く、また免疫を強める作用があるため、アレルギー症状を抑えることができるからです。
花粉症の厄介な症状からおさらばできるうえに、美肌効果や若返り効果も一緒に得られるので、女性にとってはちょっとうれしい花粉症対策注射かもしれませんね。