花粉症対策注射の副作用について、種類ごとのまとめ

花粉症対策注射の副作用について、種類ごとのまとめ

花粉症対策注射の副作用について、種類ごとのまとめ

 

 

副作用について

花粉症対策注射にはいくつかの種類がありますが、場合によってはそうした注射には副作用をともなうことがあります。花粉症対策注射を実際に自分が打つかどうかを決める際に副作用の知識は欠かせません。注射の種類によって副作用は大きく異なるとご存じでしょうか。
花粉症の治療法はいくつもあります。食事療法や薬物投与、そして手術を受ける人もいます。その中で目立ってきているのが注射です。花粉症の治療に使われる注射ですが、まず「ステロイド注射薬」があります。

 

ワンシーズン1度きりの注射で、花粉症の苦しい症状がすっきり改善されます。いわゆるアレルギー反応を封じ込めてくれるのです。くしゃみ、鼻水、目の周りのかゆみなども劇的に改善します。
注射を打った翌日には頭もすっきりする効果があります。しかし効果が強烈であればあるほど、きつい副作用もあります。日本耳鼻科学会からはお薦めできない治療法に指定されています。炎症の一時抑えです。

 

種類ごとのまとめ

副作用としてホルモンバランスの乱れ、生理が止まる、内臓や免疫系の異変、感染症、メンタルバランスの変化などがあげられます。その次に「アレルギー物質注射(減感作療法)」があります。
少ない量のアレルゲンをあえて体内に注射し、少しずつその量を増やすことでアレルギーに慣らしていく方法です。この方法は医師によって、計画的に慎重な治療が進められるなら、副作用の心配はほとんど無いです。最初は微量のアレルゲンですので副作用は注射部位が赤くなる程度です。

 

医療保険適用で花粉症を改善する唯一の方法です。他の方法は症状を一時的に抑えるだけです。3番目の注射が「ヒスタミン注射(ヒスタグロビン注射)」です。
「非特異的減感療法」と呼ばれています。減感作療法とは異なり、スギ花粉のような特定のアレルゲンだけでなく、多種の免疫が向上するアレルゲンを注射します。この注射はハウスダスト等、多くの種類のアレルゲンに対して効果を発揮します。副作用は少ないと言われています。

 

このように、注射の種類によって多少の副作用がある場合がありますので、必ずお医者さんとの相談の上実施することが大切です。

 

また注射以外の方法として、乳酸菌サプリメントを飲むことも花粉症対策として一定の効果が期待できることがわかってきています。高いものでもなく、簡単に飲むことができるので、物は試しで飲んでみるのも一興かもしれませんね。